ビジネス書を出版する人は、有名な人や実績が凄い人、と思っていませんか?
もしくは、出版社にコネがないと一般人にはムリ。
このような誤解はたくさんの方がしています。

実は逆なのです。
出版することによって有名になったり、実績にはずみがつく人が大半です。
知らない名前の会社でも「上場企業」(IPOしている)と聞けば、安心するのではないでしょうか?
個人でそれに該当するのが出版です。
いわば出版で個人IPOです。
「でも自分に出版するような(本に書くような)ネタはない」と諦める人が多くいます。
それは本当でしょうか?
ビジネスパーソンであれば誰にでも書籍(ビジネス書)になるコンテンツをお持ちです。
出版社は常に新しい書き手、新人著者を探しています。

実際、著者として書籍(ここではビジネス書になります)を出版すると、有形無形のメリットがありますが、大きいものとしては、

  • その分野の専門家として認知される(先生になる)
  • 社会的なインパクトを与えられる(かも知れない)
  • 経済価値が得られる(儲かるかも知れない)

が挙げられますが、他にも数えられないくらいのメリットがあります。

しかしながら、現在あなたが困っているように、著書を出版するためには大きな関門を通り抜けなければなりません。

それは『出版社に出版企画書を採用してもらうこと』です。

 

私は、大城太といいます。

30代の初めにサラリーマンをやめて起業し、現在は医療機器販売会社や医療機器メーカーなどグループ6社のオーナー経営者をしています。

経営者である私が、なぜ出版について語れるのかというと、これまでに著書を5冊出版し、1万部以上で成功と言われるビジネス書の世界で累計10万部、また年内に新たに7冊の企画が進行しているからです。
日経ビジネスオンラインでもコラムを連載していますので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
せっかく出版しても重版されず、初版で終わってしまう著者の方が9割です。 そうした中で新刊のお話を出版社の方からいただけるのは、とても有難いことだと思っています。

私は起業家・経営者として会社を発展させることに集中してきました。 ですから、1冊目を発行するまで、著者になるための勉強やレッスンは特にやったことはありませんでした。

ですが1冊目から1万部を突破しました。
私と他の多くの著者の方とは何が違ったのでしょうか?

著者としての才能があったわけではありません。
そこには『出会い』がありました。

 

今回の「一生仕事に困らない ビジネス著者養成ゼミナール」(略称:ISK出版ゼミ)で講師を勤める天田幸宏さんは、元リクルート社で雑誌アントレの編集デスクなどを担当し、現在はコンセプトワークス株式会社にて商業出版のコンセプトの設定に重きを置いたコンサルティングをしています。

今でこそ『華僑流』が私の代名詞のようになっていますが、実は最初の企画段階では全く違ったテーマの書籍を出版したいと考えていました。

出版したかった私は天田さんに相談に乗っていただき、それこそ私の半生について一部始終をお話ししたところ【華僑流】というコンセプトを導き出してもらいました。
華僑流というテーマに沿って執筆したところ、短期間でベストセラー著者の仲間入りができました。
天田さんとの出会いがなければ、現在の『華僑流の大城』もなかったことになります。

これが天田さんの『黄金のコンセプトの極意』です。

ゼミにご参加いただくと、あなたのために天田さんが書籍化へ向けて黄金のコンセプトを見出してくれます。

とても楽しみに感じられませんか?

 

これが本ISK出版ゼミの一番の強みですが、なんとあなたの出版企画書を『プロの編集者が作成』します!
ベストセラーのための企画書作成の達人が、あなたのために企画書を書いてくれるのです。
完成度の高い企画書を作成しますので、出版社の採用率も高くなります。

出版未経験者の方の多くが勘違いしている事なのですが、ある程度売れるようになるまでは、企画書は著者になる人が作るものなのです。
出版企画書の出来は商業出版成功のための大きなカギを握ります。
ISK出版ゼミ以外にもビジネス著者養成スクールはありますが、プロの編集者自らが企画書を書いてくれるサービスは他ではありません。
編集者OBが企画書の書き方を教えてくれ、そのアドバイスを元に素人である参加者が書いているのが実態です。
通る企画書が完成するのに1年以上かかってしまうのはザラにある、という実態の理由はここにあります。

私たちは折角出版のお手伝いをするのですから、あくまで出版社に採用される可能性の高いプロが書いた出版企画書をあなたにお渡しする、ということにこだわっています。

 

いかがでしょうか?
あなたは以下のメリットをISK出版ゼミで得られます。

1. 魅力ある出版企画書ができあがる

ベストセラー・企画書作成の達人である、元大手出版社のプロの編集者が、あなたの代わりに書きます。

2. オーディションでアピールできる

プロが作った企画書を元に、オーディション形式でたくさんの出版社の編集者にプレゼンをしてもらいます。

3. あなたが気づいていない強みを発見できます。

出版のプロと二人三脚で導き出します。
出版プロデューサー天田さんが、黄金のコンセプトを伝授します。

 

他にも、あなたにぜひ知っておいていただきたいことがあります。
著書を一冊だけで終わらせず、新刊を継続して発行していくために大切なことです。

それはいかにして出版社から『有用と思ってもらえるか』です。
出版社といっても長くお付き合いするのは、編集者を中心とした一人一人の人間です。
これまで著書を5冊出版し、あと7冊の出版を予定している、まさに今が旬の私、大城が『華僑流著者処世術』を余すところなくお伝えします。

※)懇親会は裏情報満載ですよ!

 

私からのアドバイスを少々。

書籍の役割・価値はどれだけ人の役に立つかです。

× Follow me  自分はこれが書きたい

○ For you 人のためになるコンテンツを自分が書く

独りよがりのコンテンツ・思い込みでは、採用される企画書、売れる書籍にはなりません。
経験のある第三者(編集者・プロデューサー)に相談する事が何より大切です。

まず、1冊目に集中してください。

1冊目が失敗したら(重版にならなければ)、2冊目はありません。
それが出版業界の暗黙の了解のようになっています。

特に1冊目は万全の体制・チームで望まれることを強くお勧めします。

私の華僑流経営術の一つに『トライアングル経営』があります。
何か事業を始める際には、基本的に3つの役割の人々でチームを組織し、プロジェクトを進めるというメソッドです。

  1. アイディアを出す人・・・ビジネスプラン策定
  2. 作業をする人・・・・・・業務遂行
  3. お金を出す人・・・・・・出資

ISK出版ゼミではこのトライアングルになります。

  1. アイディアを出す人・・・著者(あなた)、天田さん
  2. 作業をする人・・・・・・プロの元編集者
  3. お金を出す人・・・・・・出版社

あなたが最短3ヶ月で商業出版を決定できるよう、ISK出版ゼミが全力でサポートします!

ゼミの流れ

1. 講義

2. 課題実習

3. フィードバック

4. 黄金のコンセプトシート作成

5. フィードバック

6. 黄金のコンセプトシート完成

7. プロの編集者との面談

8. 企画書完成

9. オーディションリハーサル ※オプション(有料)

10. 模擬面接

11. オーディション

大城 太(おおしろ・だい)

外資系金融機関、医療機器メーカーを経て、華僑の大物と言われる人物に師事。起業1年目でアルバイトと2人で年商1億ビジネスを作成。6社の代表を務める傍ら、ベンチャー投資や不動産投資などをしているビジネスオーナー。現在は実業のかたわら、ビジネス書の執筆にも精力的に取り組み、また「日経ビジネスオンライン」で『華僑直伝ずるゆる処世術』を好評連載中。日本人離れしたグローバルかつ独自の視点で注目を集めている。

主な著書
  • 『華僑の大富豪が教えてくれた「中国古典」勝者のずるい戦略』三笠書房(2017)
  • 『あなたの人生をひっくり返す 華僑の非常識な成功法則』ぱる出版(2016)
  • 『世界最強! 華僑のお金術』集英社(2016)
  • 『失敗のしようがない 華僑の起業ノート』日本実業出版社(2015)
  • 『一生お金に困らない「華僑」の思考法則』日本実業出版社(2014)

天田 幸宏(あまだ・ゆきひろ)

コンセプトの力で価値と業績を向上させるコンセプトディレクター。本質を捉えシンプルに表現する技術はベストセラー作家からの支持も厚く、彼らの新刊企画、プロデュースに携わる機会も多い。これまで60人以上の著者をプロデュース。近年はアドラー心理学で学んだ「勇気づけ」を駆使し、経営者や個人事業主、起業家予備軍を対象に事業推進、目標達成のためのパーソナルセッションを行う。

  • コンセプトワークス株式会社  代表取締役
  • リクルートキャリア発行「アントレ」編集デスク
  • 日本ファンドレイジング協会  准認定ファンドレイザー
主なプロデュース実績
  • 『ドラッカーに学ぶ「ニッチ戦略」の教科書』藤屋伸二/ダイレクト出版
  • 『人事の超プロが明かす「評価基準」』西尾太/三笠書房
  • 『一生お金に困らない「華僑」の思考法則』大城太/日本実業出版社
  • 『30代で人生を逆転させる1日30分勉強法』石川和男/CCCメディアハウス

ほか

1540_32 参加特典1:

  大城太1時間スカイプ相談 出版、ビジネス、なんでもOK
  (通常5万円)

1540_32 参加特典2:

  プロ編集者の好かれる著者の条件、ここだけの話PDF
  (通常10万円)

1540_32 参加特典3:

  未定

今回のISK出版ゼミは、
初回から最終オーディションまでの約3ヶ月にわたり
継続的にコンサルティングが受けられ、
かつ4回の集合研修に加え、メール相談を無制限で受け付けます。

参加費は
486,000円(税込)

なお、原則は一括払いですが、
最初の1ヶ月は返金保証も付けますので、
どうぞ安心してチャレンジしてください。

最初の1ヶ月間、期待した内容と違った、効果を感じられなかった
と判断されたなら、全額返金いたします。

追記

出版スクールなどはたくさんありますが、
返金保証をつけているのはわたしたちだけです。

記念すべき「ISK出版ゼミの1期生」としてご応募をお待ちしております。

私たちは出版スクール業界No.1を目指していますので、参加人数には限りがございます。
今後、2期以降は価格アップの可能性がありますので、迷われている方、他のスクールで出版に至らなかった方は、お申込される事をおすすめします。

参加費用:486,000円(税込)

開催概要

※日程の変更がございます(6/1)

第1回 2017年7月1日(土) 13時〜17時 ※変更なし
1540_32 出版目的の再構築、強みの可視化、ポジショニング

第2回 2017年7月15日(土) 13時〜17時 ※変更なし
1540_32 愛される著者の特徴、読者の課題を整理する

第3回 2017年7月29日(土) 13時〜17時 ※変更なし
1540_32 独自化領域の設定、黄金のコンセプトシートの作成

第4回 2017年8月12日(土) 13時〜17時 ※変更あり
1540_32 編集者のチェックポイント、黄金のコンセプトシートの完成

第5回 企画書作成面談(約90分)
1540_32 提携編集者・出版プロデューサーと企画書作成の打合せ(担当者ごとに日程調整)

【自由参加】リハーサル・模擬面談

2017年8月30日(水)または9月4日(月)15-18時 参加費/5,000円 ※変更あり

第6回 2017年9月8日(金) 13時-17時 ※変更あり
1540_32 最終オーディション。著名出版社の現役編集者の前で企画書をプレゼン

【会場】コンセプトワークスセミナールーム
【所在地】東京都渋谷区千駄ケ谷3-13-14 清和ビル5F

【申込み方法】

HPから、申し込みフォーマットにご記入のうえ送信してください。
お申込みを受理いたしましたら、改めてこちらからお支払い方法の詳細メールをお送りします。

お支払いは、PayPal、銀行振込みの中から一括で、お申し込み日から1週間以内に決済をお願いいたします。

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。
もしもまだあなたが迷っていらっしゃるなら、プレセミナー&説明会を開催しますので、どうぞお越しください。
この「ISK出版ゼミ」で何を得られるのか、自分に参加資格はあるのかなど、会場で直接お尋ねください。
参加費は3,000円です。

プレセミナー&説明会では、

  • 「ISK出版ゼミ」の理念や開催への思い
  • 出版業界の最新事情
  • 編集者が著者を見るチェックポイント
  • プログラムの内容

などをお伝えします。

一生仕事に困らない!
ビジネス著者養成ゼミナール
プレセミナー&説明会

  • 【日程1(東京)】2017年5月11日(木)16-18時
  • 【日程2(東京)】2017年5月23日(火)16-18時
  • 【日程3(大阪)】2017年5月13日(土)16-18時
  • 【日程4(大阪)】2017年5月26日(金)16-18時

◆東京

  • 【会場】コンセプトワークスセミナールーム
  • 【所在地】東京都渋谷区千駄ケ谷3-13-14 清和ビル5F

◆大阪

  • 【会場】新大阪丸ビル本館
  • 【所在地】大阪市東淀川区東中島1丁目18-5 新大阪丸ビル本館
  •  13日 6階604A
  •  26日 3階304A

【プレセミナー&説明会に申し込む】


●お名前 (必須)


●メールアドレス (必須) PCからのメールを受け取れるアドレス


●備考欄


〈ご質問がありましたら、こちらをクリックしてお気軽に相談ください〉